日本のアイドルの情報はなんでも手に入るサイトを目指しています。

menu

日本のアイドル応援NAVI

矢口真里の元旦那、中村昌也は年収格差でヒモ生活だった

矢口真里さんの「自宅不倫」騒動から離婚に至ってしまった事件、いまだに何かと話題になっていますね。離婚後、矢口さんは芸能活動を自粛していて、時々現在の姿を週刊誌に掲載されるくらいしかありませんが、元旦那さんの中村昌也さんはバラエティ番組を中心に、よく見かけるようになりました。ヒモ生活だったなんて言われていますけどね・・・。

矢口真里と元旦那・中村昌也の年収

矢口真里

出典:http://www.flickr.com/photos/25376207@N03/3029004361/

実は離婚の前、矢口さんと中村さんが別居していたという報道があります。なんでも、早く子どもを作りたかった中村さんですが、矢口さんが仕事を休んでしまうと生活費が稼げなくなる、ということで矢口さんは子どもを持つことに反対していたそうです。

中村さんは矢口さんと結婚するまでは俳優としても知名度が低かったので、収入差が大きかった、ということなのでしょう。でも、矢口さんほどの収入があれば1〜2年は産休をとっても十分に生活できたと思いますから、単に子供が欲しくなかっただけかもしれません。

中村さんと矢口さんの生活は「ヒモ生活」と表現されています。「ヒモ」というのは昔から、男性が女性に養ってもらっている状態を表しますよね。結婚した時、中村さんの年収100万円ほどだったと言われています。対して矢口さんは5,000万円ほどもあったとか。

いっそのこと中村さんが「専業主夫」生活をしてしまっても良さそうな気がしますが・・・そこは男の意地とか自分の俳優としての夢があったんでしょうね。子どもを生むことは女性にしか出来ませんし・・・色々と思うところがあったのかもしれません。

身長も収入も格差が

2人が結婚した時には「身長差」が話題になっていましたが(矢口さん144.5cm、中村さん192cm)、収入差も相当なものだったんですね。報道陣はあえてそこには触れないようにしていたのでしょう。

2人の結婚生活では、基本的に2人が生活費を折半していた、とバラエティ番組で中村さんが話しています。大きな買い物や旅行などをする時には矢口さんが支払っていたそうですが。

2人の離婚原因が矢口さん側にあるということで、相当な慰謝料が中村さんに渡ったのでは?という話もありました。莫大な収入がありながら1,000万円程度で済んだそうですから、実は中村さん側にも何か強くいえない原因があったのかもしれません。(一部報道では中村さんのDV疑惑がありました)

離婚から1年以上が経っても、いまだに話題になっている2人。中村さんもメディアへの露出が増えたので、今なら収入差が減っているかもしれませんね。なんとも皮肉な話です。

関連記事:矢口真里の現在!2014年は激太りで二重あごが凄いことに【悲報】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。