日本のアイドルの情報はなんでも手に入るサイトを目指しています。

menu

日本のアイドル応援NAVI

光宗薫の現在!絵が超上手いと話題に!

2012年にAKB48を体調不良により引退後、映画「女子カメラ」にて初主演を果たした、光宗薫さん。

その後も2013年には「劇場版ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL」に出演。
しばらく表舞台からは退いていたようですが、現在は女優業を再開しました。

光宗薫の絵が上手い

光宗薫

出典:http://mdpr.jp/news/detail/1219127

その後、女優業だけではなく、ボールペン画による個展「スーパー劣等生」を開催。

ボールペン1本だけで描いているとは思えないくらいに、精巧でそしてどこか病的な印象をも与えます。

光宗薫 絵

出典:http://enjoy-change.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_9e0/enjoy-change/1-c1a7c.jpg

ただ「絵がうまい」そう一言では表せないほど、光宗さんのセンスというものが、ボールペン1本というシンプルな画風の中でより光って見えます。

しかしこの個展のタイトルである「スーパー劣等生」とは、光宗さんがAKB時代に「スーパー研究生」と呼ばれたことへの反抗的意味合いなのでしょうか。

個展の紹介文には「期待された未来から脱却し、新たま領域へと歩み始める」
とありましたが、彼女自身、アイドルだった頃の自分と何か折り合いをつける意味での、このタイトルだったのでしょうか。

それにしても彼女の絵は、独創的で様々なインスピレーションを与えてくれそうな作品が多いですね。

特に動物と人間を組み合わせたモチーフなどは、発想も素晴らしいです。
まあ病的という意見で賛否両論だったりしますが、個人的にはこういう絵は好きですね。

個展にも足を運びたかったなあ。と思うくらいです。
なんというか、引き込まれていくような魅力がありますね。

現在はモデル兼女優を

そんな光宗さんですが、現在はモデルや女優として活躍していらっしゃるそうで、先月は都内で行われたイベントに出席。
「平和ですごく楽しいです」微笑んで見せたそう。

「アイドルの世界はのし上がっていく世界。その世界でしか体験できないこともある。断言しますが、いい子ばっかりでしたよ」とAKB時代を振り返っていました。

また、総選挙については
「客観的に自分を見られる。やる気に変わる行事だった」
と語っています。

AKBでの活動を糧にこれからも、ますますの活躍が期待できそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。